東京・神奈川・埼玉のガーデン&エクステリアのデザイン施工

株式会社クローバーガーデン

ガーデンコンテスト受賞歴

第9回国際バラとガーデニングショウ  ガーデンコンテスト部門  大賞受賞作品(国土交通大臣賞受賞)

作品名:「a phrase of green」 ミドリのコトバ

第9回国際バラとガーデニングショウガーデンコンテスト部門大賞受賞作品の写真

解説

時代の流れと共に、私達(ヒト)は色々な場面において、効率が良く簡素化された物の中で生活し、利便性を追求して来ました。
しかし、時代がそのように急速に変化していく一方で、かわることなく常に存在感を持ち続けるGreenを、何故、私達(ヒト)は必要とするのでしょう?
時代の流れに逆行している様にも思えるGreenは、左右される事なく存在し続ける…。時には、私達(ヒト)の勝手に合わせて存在している。
時代の流れの速さに翻弄されている私達(ヒト)は、対照的な生き方のGreenを、置き忘れた答えを埋めるかの様に無意識に求め、安心し癒されている。
Greenは様々なシュチュエーションで常に何かを語り、共存している…。『共存』、すなわちこの限られた枠(地球)の中での選択肢のない答えだから。
そんなGreenの、変化の中の不変の姿を表現できたらと考え、今回のコンセプト「a phrase of green」ミドリのコトバを制作することに至りました。
全ての私達(ヒト)にミドリのコトバを聞いて頂けたら幸いです。

第10回国際バラとガーデニングショウ  デザイナーズガーデン特別招待作品

作品名:「ホーミング~原点回帰~」

第10回国際バラとガーデニングショウガーデンコンテスト部門の写真

解説

自然界には一定の周期で繰り返す一様の流れがある。その流れは太古の昔から変わらない不変の流れである。人間もDNAに知らず知らずのうちに刻み込まれた習性がある。その他の動物もまた何かに引き寄せられるかのように帰巣行動を繰り返す。ここでもう一度考えたい。私達にとって帰巣とは?私達が帰る場所、そして引き寄せられるものとは?想い出したい。大きな流れの中で身を任せ、生かされ、自然の一部だった頃を。 誕生→生長→恋愛→結婚→出産→誕生という人の遺伝伝達的周期においてすべてのコンテンツが劇的・感情的で、その感性も我々の習慣のひとつです。その中で最も流れに影響を与えるコンテンツが結婚ではないでしょうか?結婚という人の持つ本能的行動。それは仕組みにしか過ぎないかもしれません。しかし、そうする事で新たな一歩を踏み出してきた歴史があります。

第11回国際バラとガーデニングショウ  ガーデンコンテスト部門

作品名:「Colors~個性の融合~」

第11回国際バラとガーデニングショウガーデンコンテスト部門の写真

解説

十人十色、人はそれぞれに個性が備わっています。自分に自信を持つ者、他者を羨む者など、様々。個性を主張し、また一方では個性を尊重する。そんなそれぞれの個性を色で表現し、現代社会の抱える様々な問題を個性(色)の融合という観点から紐解き、訪れる明るい未来を表現します。

東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー2010 ショーガーデン部門 シルバーメダル(銀賞)受賞作品はこちらへ