シンプルなのに味わいのあるエクステリア

アンティークの石畳舗装 仕上げに違いをつけた車庫床のコンクリート 木目調のサイクルポート 玄関ポーチから階段

建物と調和がとれたナチュラルな門塀

施工前の画像

施工場所 東京都日野市
施工費

300万~500万

施工期間 2週間
担当デザイナー

管野 貴幸

ご新築のエクステリア。はじめ具体的なイメージはお持ちでなかったため
極力、住宅の雰囲気に馴染むような意識でプランニングしました。
奥に長い敷地のため玄関ポーチから門塀までの距離もゆったりと使う事ができ
門塀裏には駐輪場を確保。
細かなシルバーリーフのオリーブは優しく揺らぎ、帰宅された施主様をそっと
癒してくれます。また玄関ポーチまでのアプローチとなる石畳はアンティーク石材ならではの風合いや歴史を感じながら、毎日の動線に“楽しみ”を与えてくれます。
お隣との境や門塀の手前に土を残して植栽帯に。無理のない大きさですので
管理も比較的容易になります。地際を這う性質の植物は今後さらに広がり自然味を
増していきます。これから植栽と共に味わいを増す、成長が楽しみなエクステリアができました。