黒を基調にした存在感ある重厚なエクステリア

フレームアーチで上空の空間も取り込む ステンレスカラーのシンプルな柵 スタイリッシュで鮮やかな立水栓が黒背景に映える ライティング効果で引き立つ夜間の門周り

重厚な印象のファサード

施工前の画像

施工場所 東京都八王子市
施工費

200万~300万

施工期間 1ヶ月
担当デザイナー

管野 貴幸

既に出来上がっている外構を壊してやりかえたいというご要望からスタート。
一度更地に戻してからの工事となるためデザインの段階で制約がなく自由に
設計をさせて頂きました。ご要望頂いていた斜め車庫とダークな色味の外構に加え
アクセントになるフレームアーチを採用し、照明も複数仕込んであります。
夜、家に帰宅されるオーナー様を照明の温かい光が迎えてくれます。植栽は
メインツリーにアオダモその他シラカシ・シマトネリコ・イロハモミジ・ミツバツツジ他。
常にグリーンを感じられる常緑樹と紅葉や花を観賞できる落葉樹をバランスよく配すことで
季節感あふれるエクステリアとなりました。大胆な塀の色や石材のハードな質感は
男性的な要素が強いですが植物のグリーンがそれを中和してくれます。
木々の成長と共により素敵なファサードになっていくことでしょう。