STAFF BLOG スタッフブログ

学校の庭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、立川店デザイナーの長岡です。

 

 

先日、中学校の同窓会を開催しました。

卒業してから30年ぶりの再会で、

懐かしい友人達や先生方に再会でき、楽しいひと時を過ごしました(^0_0^)

 

ある程度年齢を重ね(私45歳です)あらためて学校生活を振り返ってみると、

人生の中で、『ごく僅かな時間だったな』と感じます。

そしてその僅かな時間が、多感な年頃の子供にとっては貴重な財産になります。

 

そして人の思い出と同時に、風景の思い出も刻まれます。

今回、青春の思い出となる『学校』の風景づくりをお手伝いをさせて頂くことになりました。

 

 

正義作法を学ぶ、礼法室の前庭の改修計画です。

 

デザインをするにあたり、もっとも大切な事は『コンセプト』です。

 

今回の庭園改修計画にあたり私が考えたコンセプトです、

ちょっと長くなりますが読んでみてください。

 

 

『自然を取り込み、自然に返す雑木の庭』
 
現状、あまり活用されていない礼法室前のスペースを有効的に活用するために
大きな既存樹を活かしながら計画し、雑木林を散策するイメージで飛石の園路を設けています。
庭門を設けることで、生徒さん達に「門を潜ってみようかな」という気持ちにさせます。
様々な木々の合間をかいくぐり、季節の彩りを五感で感じながらゆっくり歩くことで、
四季折々の植物たちと身近にふれ合い、自然を感じ、そして自然を学ぶ事ができます。
2台の座卓は既存樹の下に設置し、庭を眺めながら休憩できるような腰掛けとして使用します。
礼法室からの景色も雅な趣となり、よりいっそう授業の質が向上するかと思います。
 

 

 

僅か3年間の学校生活の中で、

思い出のワンシーンとなる風景の一部になれば嬉しいな、

という思いで設計をしました。

 

 

ちなみに私の次女は今年高校受験です。

頑張れ、受験生諸君!!!

 

 

 

 

 

WORKS 施工事例

シンプルモダンなエクステリア

ブラウン系でデザインしたエントランスデザイン

ガーデンリフォーム 雑木を植えて林を作ろう

オープン外構をクローズ外構にリフォーム

上品な北欧デザインの外構

シンプルxナチュラル 雑木の庭

黒を基調にした存在感ある重厚なエクステリア

落ち着きある色合いの広々としたタイル舗装

AWARDS 受賞歴