STAFF BLOG スタッフブログ

庭園改修工事・完工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

春は卒業、入学の季節ですね。

我家の子供たちも2人揃って卒業です。

下の子は4月から高校生、新たな学園生活のスタートです(^^♪

 

 

 

 

 

そんなタイミングで、先日某学校の庭園改修工事のご依頼がありました。

イメージスケッチです、描いていたのは紅葉の季節でした。

茶道、華道などを学ぶ礼法室の前庭です。

学校は『学びの場』ですから、住宅の庭づくりとは意味合いが違います。

 

 

 

通常、プランするのと同時にコンセプトワークを行います。

『コンセプト=概念』

これがとても大切です、概念がなければ単なる作図になってしまいます。

 

 

 

 
 
~コンセプト~
 
『自然を取り込み、自然に返す雑木の庭』
 
現状、あまり活用されていない礼法室前のスペースを有効的に活用するために
大きな既存樹を活かしながら計画し、雑木林を散策するイメージで飛石の園路を設けています。
庭門を設けることで、生徒さん達に「門を潜ってみようかな」という気持ちにさせます。
様々な木々の合間をかいくぐり、季節の彩りを五感で感じながらゆっくり歩くことで、
四季折々の植物たちと身近にふれ合い、自然を感じ、そして自然を学ぶ事ができます。
2台の座卓は既存樹の下に設置し、庭を眺めながら休憩できるような腰掛けとして使用します。
礼法室からの景色も雅な趣となり、よりいっそう授業の質が向上するかと思います。
 
 
 

プランを考えている時期は、受験を控えた娘を塾に送り迎えなどしていました。

そんな我が子の新たな学園生活をイメージし重ねながらのデザインでした。

 

 

 

 

完成した前庭です。

門を設け入口を狭めることで『歩いてみようかな』という気にさせます。

 

 

 

あえて遠回りさせる鉄平石の飛石。

のんびりと草木を眺めながら歩いてもらい、四季を感じてもらいたいです。

 

 

 

 

水鉢でメダカなど飼育してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

風情のある灯篭ですね。

 

植えたばかりでまだまだ小さい植物達ですが、

子供達の成長と共にすくすくと成長していく事でしょう(^0_0^)

 

WORKS 施工事例

インターロッキングを使ったナチュラルガーデン

海からの風を感じるプライベートなリゾートガーデン

シンプルエクステリア

鋳物が映えるエクステリア

ナチュラルガーデン

こだわりの門廻り

室内の延長のようなローメンテナンスガーデン

シンプルモダンなエクステリア

AWARDS 受賞歴