STAFF BLOG スタッフブログ

ウッドデッキ・ウッドフェンス 天然木 大田区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェンス板張り施工中

 

 

 

皆さんこんにちは。現場監督の村中です。

マスクを欠かさず今日も頑張ってますよ!!

 

現在施工中のお客様は、天然木がお好きです。

私も大好きです。

 

最近では人工木材や樹脂フェンス・アルミフェンスの施工が多くなりましたが、

天然木の風合いは、他の素材では表現できないものがあります。

温かみや経年変化。

日本人は五感で感じるものを表現して歴史を重ねてきた人種です。

必然的に天然の素材が心地よいと感じるのです。

 

 

先ずは材料の搬入。

ウッドフェンスの材料だけ搬入。

ウッドデッキの材料は、もう少し施工が進んでから。

住宅地の施工では駐車場まで距離がある場合もあるので、施工用自転車も登場です。

 

次に、施工で一番重要な柱の設置。

柱の設置が悪いと施工後の仕上がりにも影響します。

とにかく丁寧に設置します。

 

柱の設置が終われば、いよいよフェンスの板張りです。

柱の設置と共にアーチまで出来てます。

空間を上手に使う事で、見栄えが大きく変わりますね。

 

板の枚数が増えてくると、もうすぐ完成?と思ってしまいますが、

まだまだ材料は残ってます。

 

まだ、奥にも続いています。

奥には、フェンス&デッキの施工が待ち構えているのです。

突き当りを曲がった場所もデッキを作りますよ。

完成が楽しみです!

 

 

 

少し狭い敷地を有効活用するには、掃き出し窓と同じ高さにするのがBEST。

段差があると庭に出ませんが、同じ高さであれば外に出やすくなります。

部屋の中からの景色も、部屋が広くなった様な感覚になります。

 

有効活用出来る方法があるのです!!

皆さんもお庭の有効活用をしてみませんか?

ご連絡、お待ちしております。

 

では、また。

 

 

WORKS 施工事例

緑豊かでシックな門廻り

樹々に囲われた緑豊かなドックラン

目隠しフェンスでお庭に憩える空間を

自然石と芝でつくった緑で癒されるナチュラルガーデン

四季を楽しむナチュラルアプローチデザイン

クローズエクステリアデザイン

タイルを広げた遊べるお庭

スタイリッシュなセミクローズ外構

AWARDS 受賞歴